忍者ブログ
自分の毛の濃さ、ムダ毛の太さに遺伝や体質を恨みました。でもそれだと何も変わらない・・・自分を変えるために脱毛中。
[7]→ [5]→ [1]→ [2]→ [6]→ [3]→ [4]→
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母は、「無駄毛ってなに?そんなにみんな剃ったりするものなの?」というくらい毛が薄いです。
薄いというか、無いです。
そんな母を見ているのでなおさら自身の体毛の濃さは小さい頃からコンプレックスでした。
私は中学から女子校に行き、プールの授業が無かったので助かりましたが、それでも小学生のプールの時は気になりました。小学校高学年あたりから毛を剃るということを始めましたが、そうすると今度は更に濃くなったり、生え始めがチクチクして来るのが気になりました。
幼いいとこに、「○○の足 触るといたーい!」と言われたことがあります…。女子校なので、みんな同じ悩みを持っていて、良く授業中には先生の話を聞きながら指の毛を抜いたり、体育の時には膝の毛を抜いたりしていました。
そんなことを繰り返しているので負の連鎖となり、チクチク→すぐ剃る→生え始めが気になって抜く、の繰り返しで肌にダメージを与えるのみで毛穴も気になるようになってきてしまいました。
PR
プロフィール
HN:
ゴリラ女子@浦和
性別:
非公開
自己紹介:
さいたまの浦和というところで実家暮らしをしています。
とにかく昔から自分の体毛が濃いのが最大のコンプレックスで、数々の自己処理の失敗や、毛のことでの嫌な思い出がたくさんあります。社会人になってからは地元にも脱毛サロンが増えたので脱毛 浦和でワキ脱毛からトライしていますが、なかなかの毛の量、太さなので人並みに薄くならずに困っています。そのため、現在はお金と貯めての医療脱毛も検討しているくらいです。
P R
忍者ブログ [PR]

[design:Nijiko]